07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

タートルズSS 「チーズがこんなに伸びるなんて」 (フィンセント×レオナルド) 

キッチンの方から、良い匂いが漂ってきている。
良い匂いが出ているのは、オーブン。その前にマイキーが陣取り、中に入っているものを楽しそうに見つめている。やがて、
「焼けたっ!」
焼き上がりの音とほぼ同時に、マイキーがオーブンの扉を開ける。漂っていた良い匂いが、さらに強くなった。
いそいそと、マイキーはオーブンの中の物を取り出し、舌なめずりをする。今にもそれを食べそうな勢いだ。慌ててレオがマイキーを制する。
「マイキー、まだ食べてはダメだ。フィンセントに一番最初に食べさせてあげるんだろう?」
「そうだった!」
注意されたマイキーはおどけたように舌を出し、持っていたそれを恭しく俺の前に置く。テーブルについた俺は、それに顔を近づけ、まじまじと見つめた。
丸く平べったいい生地の上に、赤いソースが塗られている。その上に、たっぷりのチーズと、生のバジル。オーブンの熱を受け、チーズは全てとろけていた。
「これが…。」
ぽつりと漏らした僕の呟きを受け、マイキーが誇らしげに胸を張る。
「そう! オイラたちの大好物、ピザだよ! さ、食べて食べて!」
感心したように息を吐く。こんな食べ物、初めて見た。ジャングルではいつも、缶詰とか、何となく味気の無いものしか食べていなかったから。
でも、目の前にあるこれは、ほかほかと湯気を立てていて、とても美味しそうだ。僕はマイキーの顔を見て、こくりと頷く。
「…うん、いただきます。」
八等分に切れ目が入れられている、その中の一切れを摘んでみた。と、上に乗っていたチーズがとろけて、思いっきり糸を引いた。
「わ、わわ…!」
慌てていると、レオがフォークを持ってきて、とろけて落ちてしまったチーズを、僕が持っているピザの上に乗せてくれる。
「ありがと、レオ。」
俺がお礼を言うと、レオは笑ってくれる。つられて笑顔になりながら、俺は意を決して、手の中のピザを一口齧る。

「!!」

目を、見開いた。

こんな、こんなに美味しい食べ物が、この世界にあったなんて!

「…フィンセント? どうしたんだ?」
軽く放心状態になっていた俺を、レオの声が現実に引き戻してくれる。ぶるぶると頭を振り、俺は最大級の賛辞を投げた。
「すっっごく美味しい! こんな食べ物があったんだね!」
「でしょー!? じゃ、オイラも食ーべよっ!」
マイキーが待ちかねたように、ピザに手を伸ばす。みんなの手が一切れずつピザを取っていく。俺は手の中に残ったピザを急いで食べて飲み込んで、二切れ目を取った。早くしないとなくなっちゃう!
「…フィンセント、ピザならまだあるから、そんなに急がなくてもいいぞ。」
「…あ、ほんほ?」
ピザを食べながら返事をしたから、ヘンな声になっちゃった…。照れる俺に、レオが軽く説明をしてくれる。
「今食べたのは、ピザの中でもオーソドックスな、マルゲリータというものだ。他にも、ツナ缶や、コーン、シーフードなんかを乗せても美味しいんだ。他にも、生クリームやフルーツを乗せた、デザートのようなピザもある。」
「へぇ…。」
話しているうちに、二枚目が焼き上がる。さっきのとは違うものだった。トマトソースとチーズは同じだけど、今度は上に薄切りのサラミソーセージが乗っていた。
この他にも。トッピングは自分で自由に選べるらしい。そうと聞けば、俺の次の質問は、当然こうなる。
「レオは、どんなトッピングが好きなの?」
「…俺、か? そうだな…。」
レオの答えを待つ間に、俺は新しく来たピザを一切れキープしておく。
「やっぱり、ツナとか、ベーコンとか、モッツァレラチーズが乗っているものが好きかな。」
ふんふん、ツナ、ベーコン、モッツァレラチーズ。よし、覚えたっ。
「じゃあ、今度作るね。…レオのために。」
にっこり笑うと、レオの頬がほんのり赤く染まる。レオってやっぱり、こういうストレートな言い方に弱いんだよね…。
「楽しみにしててね。って、あれ…?」
手の中のピザに視線を落とした俺は、自分の目を疑う。三角形のピザの先端、つまり、チーズが一番たくさん集まっていて美味しい場所が、そっくり齧られてなくなっていた。視線を転じると、俺の隣で、ラファエロがもぐもぐと口を動かしている。まさか…!
「…ラファエロ、俺のピザ、食べた…?」
恐る恐る聞いてみると、彼は不機嫌そうな顔を隠そうともせず、
「メシ食ってる時にくっちゃべってるからだ。」
「ひっど!」
吐き捨てられて、俺は憮然とする。ただ喋ってたのが原因じゃない。きっとラファエロは、俺がレオと仲良くしてるのが気に食わなかったんだ…!
やられっぱなしでいるつもりはない。俺は声を落とし、隣のラファエロにだけ聞こえるような音量で、ぼそりと呟いた。
「…そういう言動してると、レオにキラわれちゃうからね。」
「なっ…!?」
ちょっとからかっただけだというのに、ラファエロは言葉に詰まって顔を真っ赤にする。そんな俺たちを、レオが微笑ましそうに見つめていた。






あおきです。どうも。

ニック亀の、ガイズの初ピザ動画に触発され、「そういえば、わたしまだフィンセントにピザ食べさせてないや」と思い立って、突発的に書きました。やー、久々ですフィンレオ。

きっちり、フィン→レオ←ラフの三角関係を入れ込みましたよ(*´∀`)ドニー空気。ごめんドニー。

でも、ピザって結構お腹に溜まりますよね…。よくあれだけ食べられるな、マイキー…。


では、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

カテゴリ: タートルズSS(VL)

tb: 0   cm: 0

« タートルズSS 「missing pieces」 (ジックス×ドナテロ、パラレル、裏)  |  タートルズSS 「近くて遠い記憶」 (おっさんラフレオ詰め合わせ) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://deepaquaforest.blog106.fc2.com/tb.php/195-a0dc14d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。