05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

タートルズSS 「近くて遠い記憶」 (おっさんラフレオ詰め合わせ) 

註:このSSは、タイトルにもありますとおり、おっさんラフレオの詰め合わせでございます。

1.アーチー版のおっさん【ラフ:レストランを経営、レオ:たくさんの弟子を持つ道場の師範】
2.うちの現代パラレルのおっさん【ラフ:サラリーマン、レオ:喫茶店のマスター、同棲中】
3.鬱未来のおっさん 

となります。特に3つ目は鬱未来の内容を含むので、苦手な方は閲覧をご遠慮くださいませ。






1.カッコいいデートがしたい 


建物から一歩外に出ると、目の前には水面が広がる。
「本日休業」の札を確かめた俺は、入り口のカギをかけ、繋いでおいた自分の船に乗り込んだ。
縄を解き、エンジンをかけると、船はゆっくりと旋回して向きを変える。目指す場所はそう遠くない。ハンドルを切ると、船は徐々に速度を上げていった。
やがて、船は目的地へとたどり着く。桟橋に降り立った俺は、そっと建物の中を覗きこんだ。
(いた…。)
畳張りの広い空間。たくさんの人がひしめき合う中、一番奥の少し高くなった場所に座り込み、彼― レオナルドは、次々と組み手を行う自分の弟子たちを見守っていた。
横に控えるのは、そんなレオの弟子たちの中でも筆頭格と言える、黒髪を肩の辺りで切り揃えた女性。名を、ノブコ、という。
「…あ。」
そのノブコちゃんが、一番先に俺に気づいた。彼女がレオナルドにそっと耳打ちをすると、道場を見回していたレオの視線が、俺に向けられた。
『外に出ろ』の合図を送ると、レオは小さく頷いて立ち上がり、建物から出てくる。胴着に身を包んだレオは、陽の眩しさに顔をしかめた。
「…どうしたんだ、ラフ。急に…。」
「ちっと、話があってよ。まぁ乗ってくれ。」
そう言って、俺は自分の船にレオを誘う。彼が隣に乗り込んだのを見て、俺は船のエンジンをかけた。
走り出すと、船が通った轍が波となって広がり、水面を揺らして広がっていく。船の縁に手を掛け、じっと正面を見つめるレオ。その横顔をちらりと見てから、俺は口を開いた。
「今日は、店は臨時休業だ。メズに用事があるらしくてな。」
「…そうか。」
メズ。妻の名を出しても、レオの表情は変わらない。周りを見回し、他の船が見当たらないのを確認してから、俺は船を止めた。
「ラファエロ…!?」
「話がある、って言ったろ。」
レオは戸惑っているが、他に何もない水面に、静かに浮かぶ一艘の船。…こんな話をするんだ、二人っきりの方が良いに決まってる。
「…分かった。それで、話とは何だ?」
シートに深く座りなおし、レオはじっと俺を見つめる。一方、俺は話を切り出すべきか迷っていた。
ずっと聞きたかったことだ。しかし、今さら、という気にもなる。悩んだ挙句、俺は唇を濡らし、言葉を絞り出した。
「…お前さ、まだ、…俺のこと、好きか…?」
少しの間を置いて、言葉の意味を理解し、レオの目が丸くなる。
「なっ…、お前、何を突然…。」
「俺は好きだ。」
畳み掛けるような俺の言葉に、レオは本当に黙り込んでしまう。まぁ無理もない。
「お前の言いたいことは分かる。今の俺には、メズがいるもんな。だけどな…。」
そこで言葉を切り、俺は戸惑うレオの目を、ひた、と見つめる。
「だけど、お前への想いは、メズへの想いとは、全く別のとこにあるんだ。だから…。」
言いながら、そろそろと体を近づけていることに、レオはまだ気づいていない。
「…これ、一回きりだ。」
船が、わずかに揺れる。低く呟いて塞いだ唇の感触は、どこか懐かしく、切なく。
「…ら、ラファエロ…!」
赤く染まった頬で、レオが俺の名を呼ぶ。と、そこでレオの携帯端末が鳴る。慌てるレオを後目に、俺は懐から彼の端末を引き抜いた。
「ラフっ…」
「おう、ノブコちゃんか? そう、ラファエロおじさんだ。…ん? ちょっとな。それより、今日は早めにそっち切り上げて、みんなでタートルアイランドに来いよ。今日は貸切だぜ。それにおじさんがスペシャルメニュー振舞っちゃうぞ! あぁ、楽しみにしてろ! じゃ、後でな!」
通話を打ち切り、俺はレオに笑みを向ける。
「もちろん、お前も来るだろ? レオナルド先生。」
俺の笑みと明るい口調に、強張っていたレオの顔が緩む。
「…あぁ。」
「よし! そんじゃ、戻るか!」
恐らく、あの一度きりのキスで、俺の想いは全て伝わっただろう。そう信じたい。俺は努めて明るく振舞いながら、自分の店へと船の穂先を向けた。






2.不意打ちの雨で雨宿り


折から降り出した雨は、瞬く間にその勢いを増した。
「うわー…!」
買い物に出ていた俺たちは、ぱしゃぱしゃと飛沫を跳ね上げながら、歩道を走っていた。
ちょうど良く、進行方向に大きく屋根の張り出したベーカリーを見つけた俺たちは、間髪入れずにそこに飛び込む。
「ったく、急に降ってきやがったな…。」
毒づきながら、服についた水滴を払う。すると、レオが肩に掛けていたバッグの中からタオルを取り出し、俺に差し出してきた。
「…お前、変なとこで用意がいいな…。」
呆気に取られながらタオルを受け取ると、別の一枚で体を拭きながら、レオは顔を曇らせる。
「だが、肝心の傘を持ってこなかった…。」
「んだよ、そんなん気にすんな。俺だって、いきなりこんな雨が降ってくるなんて思わなかったんだから。」
事実、その通りだった。出掛けるまでは晴れていたのに、あっという間に空が曇ってきて、この有様だ。恨めしげに空を見上げるが、雨は止む気配を見せない。
最後に顔を拭いて、やっと一息ついた。タオルの礼を言うと、不意にレオは小さく笑いをこぼし始めた。
「…お前は、いつもそうだな。」
「あ?」
「俺に何があろうと、お前の態度は変わることがない。例え俺が落ち込んでいても、お前の側にいると、不思議と心が軽くなる。」
…こんな場所で、急に、何を言い出すんだ。俺が固まっていると、レオはさらに言葉を続ける。
「覚えているか? 以前、風邪を引いてしまった俺を、お前が寝ずに看病してくれたことを。」
「…あ、当たり前だろうがよ…。」
忘れるはずがない。あの一件がきっかけで、俺はレオと一緒に暮らし出すことになったのだから。
「恐らく、あの時に、俺はお前に惚れたんだと思う。」
…照れてるところに、この仕打ち。やり返さなくては気が済まない。
「…勝ったな。」
「えっ…?」
今度はレオを照れさせてやるために、俺は彼に向かってにやりと笑う。
「俺は、そのもっとずっと前、お前が初めて俺に笑顔を向けてくれた時から、お前に惚れてた。嘘じゃねぇぞ、本当だ。」
…そのセリフが、逆効果だったことを、俺はすぐに思い知る。レオは照れるどころか、ふわりと柔らかい笑みを俺に向けてきた。…俺が一発で惚れた、あの笑みを。
「…ありがとう、ラファエロ。」
「っ…!」
真っ赤になった顔を手で隠しながら、俺は辺りを見回す。後ろのウィンドウの中にパンが並んでいるのを見つけ、照れ隠しのためにわざと大きな声をだした。
「おっ、美味そうだな! どうだレオ、明日の朝飯用に買っていかねぇか!?」
「いいな。」
俺の提案に乗り、レオはいそいそとベーカリーに入っていく。その後ろで、俺は気づかれないようにため息をついた。

…レオの本心が聞けたんだ。急な雨も、悪くはねぇよな。






3.嘘みたいな本当の気持ち


触れた箇所から、微かな震えが伝わってくる。
寒いのかと思い、俺はレオを抱く腕に力を込める。しかし、彼の震えは収まらない。
「レオ。」
低く名を呼ぶと、彼はびくっと怯えたような反応を見せる。そろそろと俺を見つめる目には、…光が、灯っていない。
「どうしたんだ?」
先ほどからの、震えが止まらない理由を問う。するとレオは、言いづらそうに唇を舐め、瞬きを数回。
「…ラファエロ、頼みがある。」
「ん、何だ?」
「…その、俺を、…愛している、と言って欲しい。」
「…えっ?」
頼み、というよりは、懇願に近いレオの声に、俺は戸惑いを隠せない。それほどに、彼の声は切羽詰っていた。
「頼む。嘘でもいいから、俺を愛していると言ってくれ…。でないと…。」
お前の腕に抱かれていることすら、怖くなる。レオは、確かにそう言った。俺にすがりついて、泣きそうな声で。
そんなレオの頭を撫でながら、俺は苦笑を漏らす。
「…お前ってさ、たまにそういう、弱いとこ見せるよな。」
「ラフ…?」
俺の言葉に笑みが混じっていたのが分かったのか、レオは伏せていた顔を上げる。その瞳を真っ直ぐに見つめ返しながら、俺は精いっぱいの笑みを浮かべる。
「ガキの頃は、フィアレスリーダーとか言って、気ぃ張ってたくせによ…。」
「……。」
きょとんとした顔のレオ。彼の頬に手を添え、俺は改めて、レオが望んでいた言葉を紡ぐ。
「分かったよ、レオ。俺はお前を愛してる。」
一言一句、しっかりと噛み締めるような告白。それを聞いて、レオの表情がふやけた。
「…ありがとう、ラファエロ…!」
込み上げてきた嗚咽を封じ込めることなく、レオは俺の胸にすがってぽろぽろと涙をこぼす。
「お前に、そう言ってもらえるだけで、こんなに安心するなんて…!」
「レオ…。」
こんなに、俺からの想いを綴った言葉が欲しかったのか…! 改めて彼を抱きしめなおし、頬を伝う雫を拭ってやる。

お前が、嘘でもいいから、愛して欲しいと願うなら。

俺は、本当の気持ちで、お前を愛そう。

彼が視力を失っていることに、今だけ安堵する。俺の右の目から流れる涙の筋は、きっと見えないだろう。
この想いが、少しでも伝わるように。俺は上から覆い被さるように、レオの唇を塞いだ。

スポンサーサイト

カテゴリ: タートルズSS(RL)

tb: 0   cm: 0

« タートルズSS 「チーズがこんなに伸びるなんて」 (フィンセント×レオナルド)  |  タートルズSS 「最前線へ」 (ジックス×ドナテロ) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://deepaquaforest.blog106.fc2.com/tb.php/194-89607446
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。