07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

タートルズSS 「みんなが寝た後に」 (ラフ×にょれお) 

最近、やけにレオナルドの外出が増えた。
理由を聞いてみても、「…ん、何でもないの。気にしないで。」と、流されてしまう。おかしい。一体あいつは、何をやってるんだ…!?
堪りかねて、俺はドナテロにその疑問をぶつけてみる。すると、ドナテロはちょっと困ったように笑い、壁のカレンダーを指差した。
「よーく見てみて。何か気づかない?」
「ん?」
ドナテロに言われて、俺はカレンダーをまじまじと見つめる。今は二月で、今日は、十三日…?
「…あ。」
そこまで考えて、俺はようやく悟った。そうか、明日はバレンタインデーか…! となれば、エイプリルあたりと一緒に、何か作っているのかもしれない。
(…やべ。)
そう考えると、明日が楽しみで仕方がなくなってきた。抑えきれない期待をひた隠しにしながら、俺は何度も頷いた。
レオは、どんな物をくれるのか。いずれにせよ、明日になれば分かる。俺はそう思っていた。

しかし、その考えは、あっさり覆られることになる。


(おかしいだろ…!)
ソファーに腰掛けながら、俺は両手を膝の上で固く握り締める。その横では、
「はい、ドニー。」
「はい、マイキー。」
レオが、小さな袋に入ったチョコレートを、二人に手渡している。
「いやっほー! ありがとレオちゃん!」
マイキーの能天気な声が、やけに癇に障る。
「ふふ、…手作りだから、あまり形は良くないけど。良かったら食べてね。」
「手作りなの!? すっげー!」
…そんな会話を聞きながら、俺は歯を食いしばる。ドニー、マイキーとくれば、次は俺だろ…! しかし。
「さて、と。スプリンター先生にはもう渡したし、あとは、これをケイシーに渡せばいいわね。」
「なっ…!?」
思わず上げてしまった声に構わず、レオは「行ってきます。」と言い残し、我が家から出て行ってしまう。残された俺は、ドナテロとミケランジェロの視線を浴びながら、あまりのショックに震えていた。
「……。」
二人とも、言葉もない。だが、今の状況では、それが逆にありがたかった。
何で、俺の分だけない…!? 嫌われてるなんて思いたくもない。でも、何で、何で…?
(レオ…!)
…いい。まだ時間は残っている。彼女が帰ってきたら、改めて問いただしてみよう。


「ただいまー…。」
レオが帰ってきたのは、日付が変わる一時間ほど前だった。当に先生もドナテロもミケランジェロも寝てしまい、俺だけが起きて、彼女の帰りを待っていた。
明るいリビングの中、俺の姿を認めたレオは、ほっとしたような表情になる。
「…ラフ、起きててくれたのね。良かった…。」
「あ、あぁ…。」
…帰ってきた。さあ、問いただせ。頭では分かっているが、言葉が出てこない。そんな俺をよそに、レオは手にしていた平べったい箱を、俺に差し出す。
「…これ、ラフにあげる。」
「えっ…。」
戸惑いながらもそれを受け取り、そっと蓋を開けてみる。中に入っていたのは、丸い形をしたケーキ。チョコレートの甘い香りが、鼻腔に届く。
「…ガトーショコラよ。みんなにあげた物とはかなり違うけど、…本命、だから、ね…。」
顔を真っ赤にするレオを、俺は右手一本で抱きしめる。左手に持ったケーキを落とさないように、でも強く。
「…良かっ、た…!」
緊張がほどけて漏れた俺の一言に、レオは小さく微笑んだ。
「…もしかして、ラフの分だけ、ないと思った?」
聞かれて、俺は素直に頷く。レオの笑い声が大きくなった。
「ないはずがないじゃない。これでも気を使ったのよ。だって、みんなのが小さなトリュフで、ラフだけガトーショコラじゃ、あからさますぎると思って…。みんなにバレないように、エイプリルの家の冷蔵庫にしまっておいてもらったの。」
「そうだったのか…。」
疑問が解けていく。俺はもう一度レオの体を抱きしめ直し、このケーキを二人で食べることを提案する。レオは喜んで、二人分のお茶を入れにかかった。手の中のガトーショコラの重みに、俺は心底安堵した。

「美味ぇ。」
一口食べて、俺は即答する。外はさっくり、中はしっとり。完璧なガトーショコラだった。
「ほんと? じゃあ、わたしも…。」
続いて、レオもケーキを口にする。チョコの甘みに、彼女はぱっと笑顔になった。
「良かった! 上手に出来てる。」
嬉しそうに呟いて、レオは二口目を口に運ぶ。俺もフォークでケーキを掬い、それをじっと見つめた。
…俺だけに許された、その味わい。もしかしたら、という不安感があったからか、その甘さが何倍にもなっているような気がする。
「…ったく、気ぃ持たせやがって。」
「え? 何か言った?」
「…いや、何も。」
俺は二口目を食べた後、ケーキの皿を膝に置き、レオの肩を抱き寄せる。彼女はケーキを食べながら、幸せそうな表情を俺に向けた。

ケーキと一緒に口にしたレオの想いが、心に優しく染み込んでいった。






バレンタインSS、第一弾!

糖度計があったら、針が振り切れるレベル!!

もだもだするラフが書きたかったです。

では。
スポンサーサイト

カテゴリ: タートルズSS(にょた)

tb: 0   cm: 0

« タートルズSS 「素直になれなくて」 (レオナルド×カライ)  |  タートルズSS 「7 Miles Bridge」 (ラフ×ドニー) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://deepaquaforest.blog106.fc2.com/tb.php/171-21a03caf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。