07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

タートルズSS 「Paperplane」 (ラファエロ×レオナルド、こかめ) 

「だから! お前が悪いんだろう!」
「ちげぇよ! お前が悪いんだ!」
…いつも通りのケンカ。きっかけは、些細なこと。だけど、今日は少し違った。それは、
「もういい! お前の顔なんか二度と見たくねぇ!」
怒りに任せて、俺はそう口走ってしまう。次の瞬間。
(……!)
レオが浮かべた、すごくショックを受けたような顔が、今でも脳裏に焼きついている。
「あ、あの…。」
俺が弁解する余裕もないまま、レオは自分の部屋に走っていってしまった。やべぇ、言い過ぎた…!
それから一時間。俺は謝りに行く機会を掴めないまま、ソファーに寝っ転がっていた。
(やべぇよなぁ、絶対…。)
いくら怒ってたとはいえ、あれは言いすぎだ。少し冷静になった今なら分かる。
でも、どうやって謝ればいいんだ…?
ふと視線を巡らすと、部屋の隅でマイキーがお絵かきを始めていた。それを見た瞬間、いい事を思いつく。
「おいマイキー、その画用紙、一枚くれ。」
「いいよ。ラフもお絵かきすんの?」
マイキーの言葉に返事をせず、俺は青のクレヨンも借りて、テーブルに向かう。
広げた画用紙に、クレヨンで「ごめんな」と書き、丁寧に折っていく。出来上がったのは、紙飛行機。しかも、俺が調べた上で、一番カッコいい折り方のヤツだ。
それを持って、俺はレオの部屋に向かう。そっと中をのぞき込むと、レオは毛布にくるまってベッドに横になっていた。時おり、しゃくり上げるような声が聞こえる。泣いてんのかな…。
俺は迷った挙句、手の中の紙飛行機をレオの部屋の床に滑らせる。起きてベッドを降りたら、すぐに分かるような場所に。
(絶対読めよな…。)
とりあえず、やることはやった。俺は軽く口を尖らせながら、ソファーのとこに戻った。


三十分くらいして、レオが起きてきた。俺はそれに気づいていたけど、あえて声は掛けなかった。
(あれ、読んだのかよ…。)
レオの方を見ないようにして、俺はソファーの上で寝返りを打つ。すると、

かさっ

頭に、何か紙のようなものが当たる。手にとって見ると、それは紙飛行機。しかも、俺のとは違う折り方。
慌てて顔を上げてみると、その紙飛行機を折った本人― レオは、俺に背を向けて、バスルームの方へと歩いていた。
(何なんだアイツ…。)
ともあれ、俺はレオが置いてった紙飛行機を開いてみる。そこには、
【俺も言い過ぎたよ。ごめんな。】
…俺より、はるかにキレイな字で、そう書いてあった。
きっとアイツも、俺と同じく、謝るタイミングが掴めなかったに違いない。俺はマイキーからもう一枚画用紙を分けてもらって、一番良く飛ぶ折り方で紙飛行機を作り、思いっきり腕を振って飛ばした。

抱えてた怒りも、わだかまりも、紙飛行機と一緒に飛ばしてしまうように。






あおきです。どうも。

サイトの方で行っている、SSリクエスト企画、その第1弾でございます。
「RL、ケンカの後、えろすの有無は問わず」というリクエストでした。

ネタをこかめで思いついてしまったので、こうなりました。互いに素直に謝れない二人(*´艸`)

しかし、紙飛行機って、色んな折り方があるんですねぇ。空気抵抗がどうのって。奥が深い…。


では、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

カテゴリ: タートルズSS(RL)

tb: 0   cm: 0

« タートルズSS 「カウントダウン」 (闇レオ×レオ)  |  タートルズSS 「Precious」 (ラファエロ×レオナルド) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://deepaquaforest.blog106.fc2.com/tb.php/157-a706b5f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。