09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

タートルズSS 「キャラメルシュークリーム」 (ラフレオ+ドナミケ、こかめ) 

ソファーで昼寝をしていた僕は、突然聞こえてきた大きな音に、文字通り叩き起こされた。
「な、何…!?」
眠い目を擦りながら起きると、次に聞こえてきたのは、金属同士がが擦れあう、固い音。
(…?)
一度あくびをしてからもう一回見てみて、ようやく状況が分かった。ラフとレオが、本気でケンカをしてる。しかも、自分たちの武器まで持ち出して。
(…何やってんだろう…。)
ソファーの背もたれに肘を乗せながら、僕は二人の様子をじっと見ていた。すると、
「…あ、ドナちゃん起きた?」
右手にシュークリームを大事そうに持ったマイキーが、僕の横に座って、同じようにラフとレオの様子を見始めた。
「起きたけど…。それより、何であの二人はケンカしてんの?」
「…オイラ、知らないよぉ?」
シュークリームを一口かじったマイキーは、幸せそうに顔を綻ばせる。その間にも、レオの刀とラフのサイがぶつかり合う音が、絶え間なく聞こえてきている。
「ふーん…。で、そのシュークリームはどこにあったの?」
「テーブルの上の箱の中! 1コしか入ってなかったけどね。」
「…そう。」
マイキーが元気良く答えてる間に、どうやら勝負あったみたいだ。
床に両手をついて、疲れきってる様子のラフ。サイは両方とも弾き飛ばされて、二人から離れたとこに転がってる。で、レオは肩で息をするラフを、上から見下ろしてる。
「…お前の負けだな。」
「くそっ…!」
「これで、あのシュークリームは俺のものだからな。」
レオはそう言って、テーブルの上の箱を指差す。……あれ?
「ねーねー、お二人さーん。」
僕が呼びかけると、ラフとレオは揃ってこっちに視線を向ける。
「そのシュークリームってさぁ、今マイキーが美味しくいただいてる、コレのことー?」
「『……えっ!?』」
ラフとレオの声が、きれいに重なる。そんな二人をよそに、マイキーは最後の一口をもぐもぐこくんっ、と飲み込んで、
「…はー! 美味しかったぁ!」
大満足のため息をついた。
「…まさか、そんな…!」
力無く、レオが呟きを漏らす。そして二人は、ほぼ同時にテーブルまで走っていき、箱の中をのぞきこんで、
「『うっわああああああっ!!』」
これまた、キレイに揃った叫び声を上げた。
その後、二人は揃ってマイキーに掴みかかる。
「お前! 何てことしてくれたんだよ!!」
「ドニーとマイキーの分は、別にして冷蔵庫にしまってあったんだぞ!」
「スプリンター先生がいらないって言うから、残りの1コをどっちが食べるか、勝負してたのに!!」
ラフとレオに口々に言われて、さすがのマイキーもちっちゃくなってしまう。
「えー!? そうだったの!? ごめーん…。」
マイキーは謝るけど、もう食べてしまったものは戻らない。ラフはげんなりして、その場に座り込んだ。
「冷蔵庫にあるマイキーの分は、結局レオのになっちまったしなぁ…。あーあ、何かがっかりしちまったぜ…。」
ぶちぶちと呟きながら、ラフは口を尖らせる。その間にレオは、冷蔵庫からシュークリームを取り出して、
「…ほら、ラフ。」
いきなり、ラフの前でそれを2つに分けて、少し大きめのほうを差し出す。
「…何だよ。」
「半分こしよう。そうしたら、ラフも俺も食べられるもんな。」
「……。」
拗ねたような顔で、ラフはレオの手から半分になったシュークリームを受け取る。それを見て、レオもラフの前に座り込んで、一緒に食べ始めた。
「…最初から、こうすれば良かったな。」
「……ふん。」
レオの一言に、ラフは顔を背けてシュークリームを一気に頬張る。少し顔が赤くなってるのは、まんざらでもない証拠だ。


「はぁ…。」
二人に怒られたのが効いたのか、マイキーはソファーの上で膝を抱えてる。
僕はそんなマイキーを横目で見ながら、冷蔵庫から自分の分のシュークリームを出してきた。
そして、マイキーの隣に座って、さっきレオがやったみたいに、手の中のシュークリームを半分に分ける。
「…マイキー。」
「えっ…?」
きょとんとした顔でこっちを見たマイキーは、僕の顔と、差し出されたシュークリームを交互に見て、慌てたような感じになる。
「えっ…、い、いいの? ドナちゃん…。」
「うん。…今、あんまり甘い物食べたい気分じゃないし。それに…。」
「それに?」
手の中に残ったシュークリームに視線を落として、僕はこう言葉を続けた。
「…半分こしたほうが、もっと美味しいじゃない。ねっ?」
僕がにっこり笑うと、マイキーもにぱっと笑顔になった。
「…えへ、だからオイラ、ドナちゃんのこと、だーい好きなんだ!」
「何で? お菓子分けてくれるから?」
「……優しいからに決まってるじゃない。」
マイキーは照れたように言って、ぱくぱくと食べ始めてしまう。僕は苦笑を漏らして、マイキーと半分こした、たっぷりとキャラメルソースのかかったシュークリームを、ゆっくりと味わった。






あおきです。どうも。

シュークリーム巡ってガチバトル!

ティーン亀じゃあ、絶対やらないだろうなと思って、こかめにしてみました。


タイトルは、ついったの方で某亀様からいただいたものです。

「甘々ラフレオSSのタイトルにでもしてください~。」

これで書かなかったら嘘だろう。

ネタを練っているうちに、ラフレオ → ラフレオ+ドナミケ に変わってしまいましたが、想定の範囲内です。(・∀・)


では、今日はこの辺で。
スポンサーサイト

カテゴリ: タートルズSS(RL+DM)

tb: 0   cm: 0

« タートルズSS 「Miss you」 (トラクシマス×ラファエロ)  |  タートルズSS 「Heal」 (ラファエロ×レオナルド、おっさん) »

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://deepaquaforest.blog106.fc2.com/tb.php/114-2420df1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。