02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

tb: --    cm: --

必殺SS 「心化粧」 (政×竜) 

「こころげそう?」
何でも屋の上がり框に腰掛け、竜が訝しげに口を開く。
「そ。今、若い娘さんたちの間で流行ってるんだとさ。それが何なんだかは、まぁ良く分からないんだけどね。」
届いたばかりの荷物を手早く開けながら、加代が呟く。
「…若い娘だったら、お前ぇは違うだろうが。」
「何言ってんだいあんたは! こんなべっぴん捕まえといて!」
加代の言い分に耳を貸さず、竜は出された茶を一口すする。
「でもねぇ、『こころげそう』だろう? 『そう』が付くからには、何かの植物かねぇ…。」
「……さぁな。」
「植物だったら、政さんなら知ってるかもしれないね。あの人花屋だしさ。」
そんな二人の会話に割って入ったのが、当の政である。
「俺が何だって?」
彼はちょうど、外から戻ってきたところであった。ひょいと顔をのぞかせた政に、加代がさっそく声を掛ける。
「あら、お帰り政さん。今ね、組紐屋と…。」
「それじゃ、俺は帰る。ごちそうさん。」
加代の言葉を遮り、竜は湯飲みを置いて、そのまま店から出て行く。
「…あれ、水臭いねぇ組紐屋は。せっかく来たってのに…。」
「…で、俺が何だって?」
「あ、そうそう。さっきね、組紐屋と…。」
足を早める竜の耳に、加代の声はもう聞こえなかった。


近頃何故か、政の顔がまともに見られない。
先ほど、政が顔を出したときも、竜は驚いて湯飲みを落とすところだった。
顔は見られない、声を聞いていても落ち着かない。なので竜は、茶を一息に飲み干して、加代のところを辞したのだ。
自然に高鳴る心臓を押さえながら、竜は足を進める。

…今、自分を悩ませている、この感情こそが、「こころげそう」なのだとは、露とも知らないままに。





お江戸の言葉ってステキ。

あおきです。どうも。

今回は、突発的に思いついた政竜です。久々です。
はたけ/なか/めぐみの時代小説を読んでいたら、こんな素敵な言葉が出てきたんですよ。

「心化粧 (こころげそう):口には言わないけれど、内心では恋い焦がれていること」

それでなくても、相方から書いてくれと言われていたので。
思いついたその時に書かないと、忘れちゃいますし…。

これで許してくれるかな、相方。


では、今回はこの辺で。
スポンサーサイト

カテゴリ: 仕事人SS

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。